皆の本棚にある片岡義男の本

片岡義男
片岡 義男(かたおか よしお、1939年3月20日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、写真家、翻訳家、評論家である。 東京生まれ。幼少期を東京で過ごし、戦時疎開で山口県の岩国に移り、終戦を迎える(広島に投下された原爆のキノコ雲を目撃、記憶している)。10歳のとき広島県の呉に移り、瀬戸内で過ごしたあと東京に戻る(13歳)。のち都立千歳高校を経て、早稲田大学法学部を卒業。 祖父の片岡仁吉は山口県の周防大島出身で、ハワイに移民した人物。父の定一は日系二世で、片岡義男自身も少年期にハワイに在住し、当地で教育を受けた経験がある。 大学在学中の1960年代初頭よりライターとして活動を開始し、エッセイ、コラム、翻訳などを『マンハント』や『ミステリマガジン』などの雑誌に発表する傍ら、テディ片岡名義でジョーク本やナンセンス小説等を手掛ける。また、パロディ創作集団「パロディ・ギャング」を水野良太郎、広瀬正、伊藤典夫、豊田有恒、小鷹信光、しとう・きねおらと結成しても活動する。