皆の本棚にある渡辺 俊介の本

渡辺俊介
渡辺 俊介(わたなべ しゅんすけ、本名:渡邊 俊介(読み同じ)、1976年8月27日 - )は、栃木県下都賀郡都賀町(現:栃木市)出身の元プロ野球選手(投手)。世界一低いと言われるアンダースローが特徴で、通称は「ミスターサブマリン」。 社会人野球の新日本製鐵君津を経て、2001年から2013年まで、NPBの千葉ロッテマリーンズに所属。2014年・2015年には、プロ野球選手として、アメリカ・独立リーグのランカスター・バーンストーマーズやベネズエラのウィンターリーグでのプレーを経験した。 2015年12月1日からは、新日鐵君津の後継チーム・新日鐵住金かずさマジックにコーチ兼投手として在籍。2016年からは、同チームで現役生活を続けながら、野球解説者としても活動する。 プロ入り前 栃木県下都賀郡都賀町出身。6歳から野球を始めたが常に控えで、見かねた父の勧めで3番手投手だった中学時代にアンダースローへ転向。國學院栃木高校では当時別格だったというエースで4番の小関竜也がいた事もあり2番手投手で、高校卒業後は東都大学野球連盟所属の國學院大學へ進学。