皆の本棚にある渡辺 京二の本

渡辺京二
渡辺 京二(わたなべ きょうじ、1930年8月1日 - )は、熊本市在住の日本の思想史家・歴史家・評論家。 京都府出身。碩台小学校、大連一中、第五高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。書評紙日本読書新聞編集者、河合塾福岡校講師を経て、河合文化教育研究所主任研究員。2010年、熊本大学大学院社会文化科学研究科客員教授に就任。 活動写真の弁士であった父に従い、少年期の7年間を中国・大連で過ごす。1947年(昭和24年)、大連から日本へ引揚げ、熊本市の縁者のもとに身を寄せる。 1948年(昭和23年)に日本共産党に入党するが、翌1949年(昭和24年)結核を発症、結核療養所に入所し、1953年(昭和28年)までの約四年半をそこで過ごした。 1956年(昭和31年)、ハンガリー事件により共産主義運動に絶望、離党する。 1998年、近世から近代前夜にかけてを主題とし、幕末維新に来日した外国人たちの滞在記を題材として、江戸時代を明治維新により滅亡した一個のユニークな文明として甦らせた『逝きし世の面影』を公表した。

123

123