皆の本棚にある深町 秋生の本

深町秋生
深町 秋生(ふかまち あきお、1975年11月19日 - )は、日本の小説家。山形県南陽市出身。山辺町在住。 山形県立山形中央高等学校、専修大学経済学部卒業。 大学卒業後、1999年から製薬メーカーに勤務する傍ら、加藤 小判(ニルヴァーナのカート・コバーンのもじり)名義で山形新聞の「山新文学賞」に投稿を続ける(「見えない」「供物」など佳作が受賞した)。2003年、「山新新人賞」の選考委員を務めていた文芸評論家の池上冬樹の紹介で佐藤広行とともに『完全自殺マニュアル』を小説化した『小説自殺マニュアル』を発表する。 2004年、『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。2005年、同作で本格的に作家デビュー。25万部突破のベストセラーとなる。 2008年、製薬メーカーを退職し専業作家となる。2010年、『ダブル』が「このミステリーがすごい!」2011年版の14位にランクイン。『このミステリーがすごい!』大賞出身作家が同ランキングにランクインしたのは初めて。 2012年から始まる組織犯罪対策課八神瑛子シリーズは、2014年1月現在、発行部数34万部を突破している。

123456

123456