皆の本棚にある深田 晃司の本

深田晃司
深田 晃司(ふかだ こうじ、1980年 - )は、日本の映画監督。東京都出身。大正大学文学部卒業。映画美学校卒業。 1999年、大学在学中に、映画美学校第3期フィクション・コース入学。2004年 、初監督作品『椅子』が、渋谷アップリンク・ファクトリーにてロードショー公開。 2005年、平田オリザ主宰の劇団青年団に演出部として入団。2011年2月にこまばアゴラ劇場で初の映画祭を青年団俳優とともに企画開催した。 2011年3月に大阪アジアン映画祭で特集企画「Directors in Focus:深田晃司という才能」として、『歓待』『東京人間喜劇』『ざくろ屋敷」』『自転車と音楽』が上映。4月23日より『歓待』がヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー公開され、全国ロードショー公開となる。10月に第24回東京国際映画祭のアジアの風部門の審査委員を務めた。2013年二階堂ふみ主演の『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭 グランプリ金の気球賞と若い審査員賞をダブル受賞、タリンブラックナイト映画祭最優秀監督賞を受賞。