皆の本棚にある浅田 彰の本

浅田彰
浅田 彰(あさだ あきら、1957年3月23日 - )は、日本の翻訳家、評論家。専門は思想史、現代思想。学位は経済学修士(京都大学・1981年)。博士号は保有していない。京都造形芸術大学大学院芸術研究科教授、同大学院学術研究センター所長。ヨーロッパの最新思想を日本へ紹介したことで有名になった。 兵庫県神戸市出身。1983年、京都大学人文科学研究所の助手時代にフランス現代思想を解説した『構造と力』を出版。15万部を超すベストセラーとなった。 84年から87年まで、雑誌『GS』を出し、90年代は柄谷行人とともに思想誌『批評空間』を編集し、『InterCommunication』を創刊した。浅田が紹介・評価したことがきっかけとなって広まったものも多い。日本に止まらず、国外にも積極的に出かけ、数多くの対話を残している。 2008年、京都大学経済研究所准教授を退職し、京都造形芸術大学大学院長に就任[1][2]。 思想 経済学 経済学部・大学院経済学研究科の出身で、元々は経済学者を名乗り、専攻は経済学としていた。

12

12