皆の本棚にある津田 左右吉の本

津田左右吉
津田 左右吉(つだ そうきち、1873年(明治6年)10月3日 - 1961年(昭和36年)12月4日)は、20世紀前半の日本史学者である。『日本書紀』『古事記』を史料批判の観点から研究したことで知られる。栄典は従三位勲一等瑞宝章、文化勲章。 岐阜県美濃加茂市下米田町出身。 1891年(明治24年)、東京専門学校(後の早稲田大学)邦語政治科卒業。卒業後、白鳥庫吉の指導を受けた。1901年、28歳で『新撰東洋史』を刊行した。1908年まで千葉中学等で中学校教員を務めた。 1908年より満鉄東京支社嘱託・満鮮地理歴史調査室研究員になる。研究長は白鳥庫吉であった。満鉄調査部の満州朝鮮歴史地理調査部門には、他に松井等、稲葉岩吉、池内宏らがいた。津田はこの調査部で「渤海考」「勿吉考」等東洋史研究調査を行った。同機関は、1914年に東京帝国大学文科大学に移管されるが、それまで勤務した。1913年(大正2年)には、岩波書店より『神代史の新しい研究』を刊行。 1917年には『文学に現われたる我が国民思想の研究』を刊行、1921年まで続刊した。