皆の本棚にある池田 香代子の本

池田香代子
池田 香代子(いけだ かよこ、1948年12月21日- )は日本のドイツ文学者・児童文学者・翻訳家・口承文学および都市伝説研究家・エッセイスト、平和運動家。翻訳家としては、矢川澄子の薫陶を受け、口語や俗語を巧みに取り入れた軽快な文体と、日本語表現の品格を保った訳文で名高い。教師としては、早稲田大学や東京女子大学、中央大学などで教壇に立つかたわら、NHKラジオ第2放送外国語講座の講師を務めた。
東京都立西高等学校卒業後、東京都立大学人文学部独文学科にて種村季弘に師事し、1970年に卒業。その後は夫(現在東京大学教養学部教授であり翻訳家の池田信雄)とともに三人の息子を連れて西ドイツに留学し、帰国後は文学活動に入る。
グリム童話の翻訳をライフワークとしながら、トルコ人のドイツ語作家アキフ・ピリンチの『猫たちの森』の翻訳により第1回日独翻訳賞を受賞。1995年に、ヨースタイン・ゴルデル著『ソフィーの世界』ドイツ語版からの重訳をNHK出版より発表し、ベストセラー入りを果たす。「ベルリン・天使の詩」などの、ドイツ映画の字幕担当者としても知られる。