皆の本棚にある水島 広子の本

水島広子
水島 広子(みずしま ひろこ、1968年3月21日 - )は、日本の精神科医、医学者(精神神経科)、政治家。学位は医学博士(慶應義塾大学)。総務省顧問、慶應義塾大学医学部講師、水島広子こころの健康クリニック院長。衆議院議員(2期)などを歴任した。 学術活動 東京都に生まれる。桜蔭高校を経て慶應義塾大学医学部卒業、同大学院博士課程修了。その後、慶應義塾大学の医学部にて勤務した。指導教授の大野裕に紹介され、米国から対人関係療法を導入した第一人者。特に摂食障害の治療に画期的な進歩をもたらした。 政治活動 2000年の第42回衆議院議員総選挙で、民主党候補として栃木1区から出馬、船田元を破って初当選。この選挙では不人気の森内閣のもと自民党が苦戦し、民主党から多くの新人議員が当選した(1区現象)。水島は1年生議員にもかかわらずマスコミ出演が相次ぎ、代表質問に立つなどして話題になった。 2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動では署名者に加わった。 平成15年(2003年)第43回衆議院議員総選挙では、上記の船田元に敗れるも、比例で復活当選した。