皆の本棚にある殊能 将之の本

殊能将之
殊能 将之(しゅのう まさゆき、1964年1月19日 - 2013年2月11日)は、日本の推理作家。 経歴・人物 福井県出身。福井県立藤島高等学校卒業。 名古屋大学理学部中退後、編集プロダクションに勤めるが、その後退職。 1999年に『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞してデビュー。 断片的な情報以外一切の個人情報を明かさない覆面作家である。ペンネームは、『楚辞』の一編、屈原「天問」の“殊能将レ之”(しゅのうもてこれをひきいたる=特殊な才能でこれ“軍勢”を率いる)という言葉からとられた。 独特のセンスと問題意識からくる創作法を持っており、博識とサーカズムを織り交ぜつつミステリの定石を組み替えるスタイルを得意とする。例えば「キマイラの新しい城」の巻末には大量の「参考文献」表示があるが、解説者は「何がどう参考にされたのかまったくわからない」と告白している。 公式サイトの日記において、SFとミステリ(特に本格ミステリ)の熱烈なマニアだとわかる。特に愛好するのは、アメリカの作家であるアヴラム・デイヴィッドスンと、フランスの本格ミステリ作家ポール・アルテ。

1234567

1234567