皆の本棚にある橋田 壽賀子の本

橋田壽賀子
橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年5月10日 - )は、日本の脚本家、劇作家、タレントである。京城府(現:ソウル)生まれ、大阪府堺市西区出身。本名、岩崎 壽賀子(いわさき すがこ)。旧姓、橋田。 1949年、松竹に入社し、脚本部に配属される。1964年、『袋を渡せば』で作家デビュー。同年、東芝日曜劇場のために執筆した『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。これ以後、テレビドラマの脚本家として話題作・ヒット作の数々を世に送る。 代表作は『愛と死をみつめて』『あしたこそ』『おんなの家』『時間ですよ』『たんぽぽ』『女たちの忠臣蔵』『となりの芝生』『おんな太閤記』『おしん』『いのち』『春日局』『おんなは度胸』『おふくろの味』『渡る世間は鬼ばかり』などである。 来歴・人物 日本統治時代の京城(現:ソウル)で1925年(大正14年)に、旧外地生まれの日本人として生誕する。勉学のため帰国するまでの9年間を朝鮮で過ごした。大阪府立堺高等女學校(現:大阪府立泉陽高等学校)、日本女子大学文学部国文学科卒業(卒業論文は「新古今和歌集におけるとの研究」)、早稲田大学第二文学部演劇専修中退。