皆の本棚にある横山 秀夫の本

横山秀夫
横山 秀夫(よこやま ひでお、1957年1月17日 - )は、東京都生まれの小説家・推理作家。 東京都立向丘高等学校、国際商科大学(現在の東京国際大学)商学部卒業。1979年上毛新聞社に入社。以後12年間記者として勤務。1991年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作を受賞したことを契機に退社。以後フリーランス・ライターとして『週刊少年マガジン』にて漫画原作(ながてゆか作画『PEAK!』など)や児童書の執筆、警備のアルバイトなどをする。1998年に「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。 2002年、『半落ち』が第128回直木三十五賞候補作となる。しかし、選考委員の北方謙三が、この小説中で重要な鍵となる要素について関係機関に問い合わせたところ「現実ではありえない」との回答を得て、北方は選考会でこの回答を報告、「半落ち」は現実味に欠けると批判され落選した(受賞作なし)。

12345678910

12345678910