皆の本棚にある樋口 清之の本

樋口清之
樋口 清之(ひぐち きよゆき、1909年1月1日 - 1997年2月21日)は日本の考古学者・歴史作家。國學院大學名誉教授、國學院大學文学博士。専門は考古学・民俗学。紫綬褒章受章。 奈良県桜井市生まれ。旧制奈良県立畝傍中学校を経て、1932年に國學院大學文学部史学科卒業。1934年から國學院大學予科講師、1945年予科教授、1946年学部教授、1979年に定年退職して國學院大學名誉教授、また國學院大學栃木短期大学学長。1995年に退職。1955年に國學院大學から文学博士の学位を取得。 考古学者としては静岡県の登呂遺跡の発掘などを行い日本考古学の黎明期を支えた。また民俗学・文化人類学など幅広い研究活動を行い柳田國男に並ぶ学界の権威であった。弟子・教え子に苗字研究家の丹羽基二がいる。 一般向けの歴史の啓蒙書を数多く発表しており、代表作として『梅干と日本刀』『逆・日本史』などが挙げられる。教科書的な歴史書からは忘れられがちな庶民生活の視点から、歴史の大局を描き出す。 1930年前後生まれの渡部昇一や谷沢永一と、互いの著書の推奨文や解説を書きあっている。