皆の本棚にある楠原 佑介の本

楠原佑介
楠原佑介(くすはら ゆうすけ、1941年 - )は地名研究家、フリーライター。「地名情報資料室・地名110番」主宰。 岡山県児島郡小串村(現:岡山市南区)生まれ。埼玉県上尾市在住。 京都大学文学部史学科(地理学)卒業。 出版社編集部退職後、フリーライターに転じた。 住居表示・市町村合併などによる地名の変更に警鐘を鳴らす活動をしている。 地名の改変、保存、地名語源などの研究の実質的な第一人者の一人。地名だけでなく、駅名、国際的な紛争の渦中にある竹島、尖閣列島、日本海など広義の地名にも新聞や雑誌、テレビ等で意見を述べ、また各種地名辞典や地名資料の編集にも関わっている。 地名に対する考え方 楠原は『こんな市名はもういらない! 歴史的・伝統的地名保存マニュアル』にて歴史的伝統的地名の保存・復活を絶対的に重視し、新たに創作された地名(ひらがな・カタカナ地名、広域地名、方角地名、瑞祥地名、合成地名など)を「歴史的伝統的地名の破壊」であるとして強く批判している。