皆の本棚にある森 銑三の本

森銑三
森 銑三(もり せんぞう、1895年(明治28年)9月11日 - 1985年(昭和60年)3月7日)は、昭和期日本の在野での歴史学者、書誌学者。 高等教育を経験しなかったにもかかわらず、図書館臨時職員、代用教員、雑誌社勤務など様々な職につきながら、独学で文学・国史の研究にいそしみ、図書館・資料館等に保管された資料の発掘と、それらを元に人物伝や典籍について精密に記した膨大な量の執筆活動を通じ、近世日本の文化・文芸関係の人物研究の分野で多大な業績を残した。 愛知県碧海郡刈谷町に出生。生家は呉服商。沢山の小説本を買い与えられ、文学に親しむ。刈谷尋常小学校時代は利発で学業に秀でていたが、刈谷には中学校が設立されておらず、中学校進学を希望するならば近隣の岡崎で下宿する以外になく、小商人の子弟がその選択肢をとることは、様々な意味で困難であったため、高等小学校への進学を選択した。