皆の本棚にある森 ゆうこの本

森ゆうこ
『森裕子』より : 森 ゆうこ(森 裕子、もり ゆうこ、1956年4月20日 ‐ )は、日本の政治家。 参議院議員(2期)、文部科学副大臣、国民の生活が第一幹事長代行、日本未来の党副代表、生活の党代表、代表代行などを歴任した。 生い立ち 新潟県新津市(現:新潟市秋葉区)出身。新津市立新津第五中学校、新潟県立新津高等学校、新潟大学法文学部(現:人文学部)英文科卒業。 政治家として 1999年、中蒲原郡横越町(現:新潟市江南区)町議会議員選挙に初当選。横越町議会初の女性議員となる。2001年7月、第19回参議院議員通常選挙に新潟県選挙区から出馬し、初当選。2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わる。 2007年7月、第21回参議院議員通常選挙に、新潟県選挙区から民主党公認で出馬し、2期目の当選。2011年、野田内閣で文部科学副大臣に就任。2012年、文部科学副大臣を退任。7月3日に民主党を離党。同月11日に国民の生活が第一の結党に参加し、党幹事長代行(参議院担当)兼参議院幹事長に就任。