皆の本棚にある林 望の本

林望
林 望(はやし のぞむ、1949年2月20日 - )は、日本の作家、日本文学者。かつては沢嶋 優(さわしま ゆう)のペンネームも使用していた。 東京都墨田区に、後に情報化社会を予見(1969年)した著名な未来学者、林雄二郎の次男として生まれる。武蔵野市立第二中学校から東京都立戸山高等学校を経て、慶應義塾大学文学部国文学科卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。 日本文学者としての専攻は近世書誌学である。慶應義塾大学斯道文庫の研究員を目指したがかなわず、魚津短期大学への赴任が決まって失意のうちにあった時、東横学園女子短期大学に採用が決まった。 1984年から1987年まで、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の双方で研究のためイギリスに滞在し、この間にケンブリッジ大学のピーター・コーニツキ(Peter Kornicki)との共著である『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』を完成、1992年度国際交流基金国際交流奨励賞を受賞した。

1234

1234