皆の本棚にある松田 元の本

松田元
松田 元(まつだ はじめ、1951年2月11日 - )はプロ野球・広島東洋カープオーナー。広島県広島市中区出身。 曾祖父はマツダ創業者にしてマツダ2代目社長の松田重次郎、祖父はマツダ3代目社長の松田恒次、父はマツダ4代目社長の松田耕平。弟は広島エフエム放送社長の松田弘、弘の子はオーナー代行の松田一宏。ちなみに、祖父から3代続けてカープオーナーである。 来歴・人物 松田耕平の長男として広島で生まれる。広島大学附属高校卒業後、慶應義塾大学へ入学。1973年に大学卒業、その後アメリカ留学を経て1977年に東洋工業(現・マツダ)に入社した。ちなみに、同年に父・耕平は社長から会長に退いている。 1982年に東洋工業を退社。1983年、広島東洋カープの取締役に就任。1985年、オーナー代行。 前オーナーである父・耕平の死去を受けて、2002年7月から現職のオーナーを務める。 「広島に球団を残すことが私の使命である」と常々公言している。特に2004年に起こったプロ野球再編問題において、9月8日の12球団オーナー会議における近鉄球団とオリックス球団の合併案採決の際に、「広島は地域によって支えられており、その地域の理解を得られない採決には参加できない」と表明し、同様の意見を持つ他球団が最終的には押し切られ合併を承認する中で、1球団のみ棄権した。