皆の本棚にある松尾 由美の本

松尾由美
松尾 由美(まつお ゆみ、1960年11月27日 - )は日本のSF作家、推理作家。石川県金沢市出身。 経歴・人物 金沢大学附属中学校・金沢大学附属高等学校を経て、お茶の水女子大学文教育学部外国文学科英文学専攻卒。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ、日本文芸家協会に所属。夫はSF作家の柾悟郎。 高校時代はラジオ「欽ドン」常連有名人。単行本『欽ドン』パート5や6に自画像などが掲載されている。 大学時代は「お茶水女子大学SF研究会」に所属。卒業後、7年間のメーカー勤務を経て小説を書きはじめる。1989年、『異次元カフェテラス』を刊行してデビュー。その二年後には『バルーン・タウンの殺人』で第17回ハヤカワ・SFコンテスト入選を果たし、1994年に同名の作品集を刊行して注目を集める。 『安楽椅子探偵アーチー』シリーズや、『バルーンタウン』シリーズ等に見られるユニークな設定とユーモラスな作風とで知られる。 自筆プロフィールには「肩書きは作家のほか、ルー・リード研究家(自称)、ニューヨーク・ドールズの伝記翻訳家(版元募集中)」とある。

1234

1234