皆の本棚にある村上 泰亮の本

村上泰亮
村上 泰亮(むらかみ やすすけ、1931年2月27日 - 1993年7月1日)は、日本の経済学者、元東京大学教授。専門は理論経済学。経済学博士(東京大学、1961年)。 来歴・人物 東京生まれ。1953年東京大学教養学部卒業後、58年同助教授、のち教授。1961年、東京大学より経済学博士。博士論文は『近代経済学の構造』。 1960年代は理論経済学、特に社会選択理論で世界的な業績を上げ、その成果は『Econometrica』などの有名雑誌の論文として掲載された。1970年代は経済体制の研究を行ない、1973年論文「病める先進国」で吉野作造賞を受賞。1980年、佐藤誠三郎、公文俊平との共著『文明としてのイエ社会』は、日本の歴史をウジ社会からイエ社会への転換として通観するもので、同書で尾高賞を受賞。同書は左翼からは、封建社会を肯定するものとして批判された。 1980年代には「社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)」を参照し、現代日本では教育・文化・経済などといった面で古典的な社会階級・階層が溶解し、「中」意識を持つ広範な社会が登場したとする「新中間大衆」論を主張し、話題を呼ぶ。