皆の本棚にある木田 元の本

木田元
木田 元(きだ げん、1928年9月7日 - 2014年8月16日)は、日本の哲学者。専攻は、現象学の研究。中央大学名誉教授。 モーリス・メルロー=ポンティ等の現代西洋哲学の主要な著作を、平易な日本語に翻訳した。マルティン・ハイデッガー、エドムント・フッサールの研究でも知られる。 新潟県新潟市生まれ、本籍地は山形県最上郡東小国村(現在の最上町)。 3歳のとき一家で満洲・新京に渡る。新京第一中学校(戦時体制のため4年で繰り上げ卒業)を経て、1945年(昭和20年)海軍兵学校に入学(78期)。同年8月6日、江田島で水泳の訓練中、原爆投下を広島市側の海岸で目撃。敗戦で海軍兵学校が解体され、旧制高等学校への編入資格を得るが、親戚が全員満洲に渡っていたため学費を捻出できず、失効する。佐賀、東京などを転々としたのち、山形県新庄市の父方の遠縁の家に寄留。1946年(昭和21年)10月、満洲から家族が引き揚げてきて、母の郷里の山形県鶴岡市に落ち着く。父がシベリアに抑留されたため、長男である木田は、鶴岡市役所臨時雇、小学校代用教員などで家族を養う。

12345

12345