皆の本棚にある木村 英樹の本

木村英樹
『北勝力英樹』より : 木村 英樹(きむら ひでき、1953年 - )は、日本の言語学者。専門は中国語。 1976年大阪外国語大学中国語学科卒、1978年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了、北京語言学院、北京大学留学、1982年東大大学院博士単位単位取得退学、金沢大学文学部助教授、1986年神戸大学教養部助教授、1992年国際文化学部助教授、1996年東京大学大学院総合文化研究科助教授を経て、99年同人文社会系研究科教授。 著書 中国語はじめの一歩(ちくま新書 1996年) 中国語 4 1998(放送大学教育振興会 1998年) 中国語文法の意味とかたち 「虚」的意味の形態化と構造化に関する研究(白帝社 2012年) 共著 北京の風 中国語初級テキスト (小野秀樹共著 白帝社 1995年) 中国語入門1-2 2005 (宮本徹共著 放送大学教育振興会 2005年) 中国語入門1-2 2010 (宮本徹共著 放送大学教育振興会 2010年) 翻訳 文法のはなし 朱徳煕教授の文法問答 (中川正之共編訳 光生館 1986年) 中国語の文法構造 (アン・Y.ハシモト 中川正之共訳 白帝社 1988年) 文法講義 朱徳煕教授の中国語文法要説 (杉村博文共訳 白帝社 1995年) 記念論集 中国語文法論叢 木村英樹教授還暦記念(白帝社 2013年) 参考 東大文学部年報。