皆の本棚にある木下 富雄の本

木下富雄
木下 富雄(きのした とみお、1951年5月7日 - )は、埼玉県北葛飾郡杉戸町出身の元プロ野球選手(内野手)。ウェルストンプロモーションに所属している。 春日部高校から駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは在学中2度優勝。1973年の明治神宮野球大会では、決勝で同志社大を降し優勝を飾る。リーグ通算58試合出場、162打数37安打、打率.228、3本塁打、20打点。ベストナイン1回受賞。大学同期に栗橋茂がいる。1973年のドラフト会議で広島東洋カープに1位指名され入団。 強肩の大型内野手として期待され、1年目から一軍に定着するが、打撃面で伸び悩み数年の低迷を余儀なくされる。しかし徐々に力をつけ、長打力は無いがしぶとい打撃と俊足で内野陣に食い込む。1978年には規定打席以下ながら打率.283の好成績をあげ、翌年には25盗塁を記録。投手・捕手以外ならどこでも守れる器用さを古葉竹識監督に買われ、二塁、三塁、遊撃を中心に守備固めや代走、時にはスタメン出場するなど、いぶし銀のユーティリティプレイヤーとして広島の黄金時代を支える。

  • 教材心理学

    19750410第1版1刷発行 20050320第4版第25刷発行 ナカニシヤ出…

    ゆたゆたさんの本棚 [総ページ数:100] 2018/08/09 08:47:04 更新