皆の本棚にある月村 了衛の本

月村了衛
月村 了衛(つきむら りょうえ、1963年3月18日 - )は日本の小説家、元脚本家。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。 大学在学中、清水邦夫、高橋玄洋に脚本・演劇を学ぶ。大学卒業後、予備校講師として現国・古文・漢文の教鞭を執る。1988年、テレビアニメ『ミスター味っ子』で脚本家デビュー。2001年、テレビ東京で放映されたテレビアニメ『ノワール』の脚本で注目を集める。 2010年、早川書房から『機龍警察』で小説家デビュー。もともと小説家志望であったこともあり、この作品を書き始めたころに「脚本家は廃業」と後年記している。 文学賞受賞・候補歴 太字が受賞したもの 2012年 - 『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞受賞。 2013年 - 『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞受賞。 2015年 - 『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞受賞。 2015年 - 『土漠の花』で第12回本屋大賞5位。 2015年 - 『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。

1234

1234