皆の本棚にある最相 葉月の本

最相葉月
最相 葉月(さいしょう はづき、女性、1963年11月26日 - )はノンフィクションライター、編集者。 来歴・人物 東京都生まれの神戸市育ち。関西学院大学法学部法律学科卒(国際法専攻)。広告会社、出版社、PR誌編集事務所勤務を経てフリーの編集者兼ライターとなる。執筆する主なテーマは科学技術と人間の関係性、スポーツ、教育、音楽など。 第4回小学館ノンフィクション大賞を受賞した1998年刊行の『絶対音感』がベストセラーとなる。2007年刊行の『星新一 一〇〇一話をつくった人』は第34回大佛次郎賞、第29回講談社ノンフィクション賞、第28回日本SF大賞、第61回日本推理作家協会賞評論その他の部門、第39回星雲賞ノンフィクション部門を受賞。 編集者としては『季刊子ども学』(ベネッセ教育研究所)で、子どもの逸脱、消費文化、異文化コミュニケーション、震災などを扱っている。 著書 単著 『高原永伍、「逃げ」て生きた! 風の人35年間のバンク・オブ・ドリームス』 徳間書店、1994年7月。

12

12