皆の本棚にある曾野綾子の本

曾野綾子
『曽野綾子』より : 曽野 綾子(その あやこ、1931年(昭和6年)9月17日 - )は、日本の作家。「曾野」表記もある。本名は三浦知壽子。旧姓、町田。カトリック教徒で洗礼名はマリア・エリザベト。聖心女子大学文学部英文科卒業。2009年10月より日本郵政社外取締役。保守論者の一人。 来歴・人物 東京府南葛飾郡本田町(現・葛飾区立石)に父町田英治郎(大和護謨製作所専務取締役)、母キワの二女として生まれる。幽里香という姉がいたが、出生8年前に亡くなっており、一人娘として成長。1934年、大森区田園調布に移る(以後三浦朱門と結婚後も同所に居住)。母親の希望により幼稚園から大学まで聖心女子学院。敗戦前後10か月ほど金沢に疎開し学校も金沢高等女学校に変わるが勤労動員令が下り平野化学工場に配属。1946年3月、東京に戻り聖心に復学一人娘ゆえ小学校より親の知人の次男が婿養子に決まっており、一流大学出の秀才であったが、中学の頃破談となっている。曾野本人の意に沿わぬ相手だったのが理由だが、父親が病気治療で退社し家勢が衰えたことも大きな要因だった。