皆の本棚にある時実 新子の本

時実新子
時実 新子(ときざね しんこ、本名:大野 恵美子(おおの えみこ)、1929年1月23日 - 2007年3月10日)は、日本の川柳作家、随筆家。日本の川柳界の第一人者として知られた。岡山県上道郡九蟠村(現・岡山市東区西大寺)出身。 1941年、岡山県立岡山西大寺高等女学校(現・岡山県立西大寺高等学校)卒業。結婚後は兵庫県に住む。1955年「川柳ふあうすとひめじ」の会に参加、川上三太郎に師事。1963年、第一句集「新子」刊行。1975年、個人誌「川柳展望」創刊。 1987年、句集『有夫恋』がベストセラーとなる。1995年、神戸新聞平和文化賞受賞。1996年、「月刊川柳大学」創刊。彼女の川柳は、女性の情念を率直に、かつ、激しく表現したものが多い。その作風から川柳界の与謝野晶子と呼ばれた。また、渡辺美輪ら後進の育成にも力を注いだ。2007年3月10日午前5時15分、肺癌のために逝去(享年78)。 雑誌 『川柳大学』 - 1975年から1995年まで発行された時実の個人季刊誌『川柳展望』にかわって、1996年2月に創刊された。