皆の本棚にある新保 祐司の本

新保祐司
新保 祐司(しんぽ ゆうじ、1953年5月12日 - )は、日本の文芸評論家、都留文科大学副学長・教授。 宮城県仙台市出身。四人兄弟の末っ子。父親は出光興産勤務。小中学校時代は世田谷区の上馬で過ごす。世田谷区立旭小学校、世田谷区立駒留中学校卒業。1977年東京大学文学部仏文科卒業。 キリスト教や日本の伝統・文化に理解を示す。自らの評論を「文芸的な評論」とし、詩的な文章をつくることを主眼としている。 文芸評論家の富岡幸一郎との対談本、共著が比較的多い。表現者、北の発言に連載をもつ。 2007年度の第8回正論新風賞を受賞。 著書 単著 『内村鑑三』(構想社 1990) 『島木健作 義に飢ゑ渇く者』(シリーズ民間日本学者:リブロポート 1990) 『文芸評論』(構想社 1991) 『批評の測鉛』(構想社 1992) 『日本思想史骨』(構想社 1994) 『正統の垂直線 透谷・鑑三・近代』(構想社 1997) 『批評の時』(構想社 2001) 『国のさゝやき』(構想社 2002) 『信時潔』(構想社 2005) 『鈴二つ』(構想社 2005) 『フリードリヒ 崇高のアリア』(角川学芸出版 2008) 『異形の明治』(藤原書店 2014) 『シベリウスと宣長』(港の人 2015)  共著 『日本の覚醒 内村鑑三によって』(富岡幸一郎 リブロポート 1993) 『日本の正統』(富岡幸一郎 朝文社 1995) 『日本の歴史文学 『夜明け前』と『天皇の世紀』』(富岡幸一郎 朝文社 2001) 『文学研究のたのしみ』(鷺只雄、田中実ほか 鼎書房 2002) 『歴史精神の再建 明治・大正・昭和』(桶谷秀昭 作品社 2012)  編著 『北村透谷-《批評》の誕生』(至文堂「国文学解釈と鑑賞」別冊 2006) 『「海ゆかば」の昭和』(イプシロン出版企画 2006) 脚注 関連項目 文芸評論 内村鑑三 島木健作 信時潔 北村透谷 表現者 北の発言 富岡幸一郎 外部リンク 都留文科大学公式サイトでの教員紹介 「しんとせしものなり」:『終戦の日』1945年8月15日のあの「一瞬の静寂」に秘められた意味とは。