皆の本棚にある恒川 光太郎の本

恒川光太郎
恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。 東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。 29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の先生をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。 「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。 2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。 幻想的で精妙な作風を得意としている。 文学賞受賞・候補歴 2005年 - 「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞受賞。

1234567

1234567