皆の本棚にある徳弘正也の本

徳弘正也
徳弘 正也(とくひろ まさや、1959年3月1日 - )は、日本の漫画家。高知県長岡郡大豊町出身。男性。高知県立高知小津高等学校を経て、四国学院大学卒業。自称「土佐の暴れん坊」。代表作に『ジャングルの王者ターちゃん♡』、『狂四郎2030』など。 「漫画の神様」と呼ばれた手塚治虫に憧れ、漫画家を志す。1982年、第17回赤塚賞佳作(『美女は肉料理がお得意』)を経て、翌年1983年から集英社発行の『週刊少年ジャンプ』で連載された『シェイプアップ乱』で漫画家生活のスタートを切る。下ネタを含んだ過激なギャグが売り物だったが、人間ドラマを組み合わせた話もあり、のちのストーリーテラーとしての片鱗を見せている。 2作の連載を挟んで1988年から連載された『ジャングルの王者ターちゃん♡』(途中より『新ジャングルの王者ターちゃん♡』に改題)では、当初のギャグ漫画から当時の『ジャンプ』の意向だった格闘漫画路線への変更を余儀なくされるが、従来のギャグ漫画路線に格闘漫画の要素を折り込んで高い人気を獲得し、7年間の長期連載となった(このセンスは当時アシスタントだった尾田栄一郎の『ONE PIECE』にも活かされている。