皆の本棚にある徳川 恒孝の本

徳川恒孝
德川 恒孝(徳川 恒孝、とくがわ つねなり、1940年2月26日 - )は、徳川宗家の子孫。松平一郎の次男。学習院大学政経学部卒業。学位は経済学士(学習院大学)。元日本郵船副社長。公益財団法人徳川記念財団初代理事長。WWFジャパン代表理事。公益財団法人東京慈恵会会長。公益財団法人斯文会[1]名誉会長。元一般社団法人横浜港振興協会[2]会長。 年譜 1940年(昭和15年) - 元御家門の会津松平家の一門に生まれる。徳川宗家に養子に入るまでの姓名は松平 恒孝。 1963年(昭和38年) - 17代家正(外祖父)の死去により家督を継ぎ、第18代当主に就任。 1964年(昭和39年) - 日本郵船株式会社に入社。 2001年(平成13年) - 日本郵船の取締役欧州大洋州事業部長から副社長に就任。 12月 - 皇太子徳仁親王の長女愛子内親王の誕生に関わる儀式にて武家末裔の代表として、後述の前田利祐とともに鳴弦役を務める。 2002年(平成14年)4月 - 日本郵船を退社、同社顧問に就任。 2003年(平成15年) 4月1日 - 財団法人「徳川記念財団」を設立して理事長に就任。