皆の本棚にある廣瀬 陽子の本

廣瀬陽子
廣瀬 陽子(ひろせ ようこ、1972年8月11日 - )は、日本の政治学者(国際政治・比較政治学・コーカサス地域研究)。慶應義塾大学総合政策学部教授、同大学政策・メディア研究科委員。学位は博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。本名は金野 陽子。旧姓は廣瀬。 東京都渋谷区出身・東京在住。既婚、一児の母。 学歴 1985年 渋谷区立神宮前小学校 1991年 桐朋女子中学校・高等学校卒業 1995年 慶應義塾大学総合政策学部卒業(首席) 1997年 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、同博士課程進学 2000年-2001年 国連大学秋野フェロー(アゼルバイジャン留学) 2001年 同博士課程単位取得退学 2006年 博士(政策・メディア)(慶應義塾大学、学位請求論文『旧ソ連地域の平和構築と政治発展 : アゼルバイジャンを事例として』) 職歴 2001年 日本学術振興会特別研究員 (PD) 2002年 同退職、慶應義塾大学総合政策学部講師 2003年 北海道大学スラブ研究センター共同研究員 2004年-2005年 名古屋大学大学院国際協力研究科客員研究員 2004年-2005年 東京外国語大学大学院地域文化研究科非常勤講師 2005年4月 慶應義塾大学退職、東京外国語大学大学院地域文化研究科講師 2007年 同研究科准教授 2008年4月 同大学退職、静岡県立大学国際関係学部准教授 2008年-2009年 2008年度に北海道大学スラブ研究センター客員准教授 2010年4月 同大学退職、慶應義塾大学総合政策学部准教授 2010年- 同志社大学一神教学際研究センター (CISMOR)共同研究員、国際情勢研究会・ロシア研究会委員も兼任。