皆の本棚にある廣池 千九郎の本

廣池千九郎
廣池 千九郎(ひろいけ ちくろう、1866年3月29日 - 1938年6月4日)は、大分県中津市出身の歴史家・法学者・哲学者・教育者・社会活動家。
総合人間学である道徳科学を樹立。現在の麗澤大学、廣池学園、モラロジー研究所を創立。
慶應2年、大分県中津に生れる。
明治13年、中津市校卒業。
明治16年、麗澤館入塾、
明治18年、大分師範学校の応請試業(卒業資格試験)に合格。形田小学校、万田小学校、中津高等小学校等で教員を務める。
『新編小学修身用書』(明治21年)刊行。
明治32年、わが国最初の教員互助会を大分県共立教育会に設立。
『中津歴史』(明治24年)刊行。京都に出る。南画の大家・富岡鉄斎の知遇を得る。
『史学普及雑誌』(明治25年~)刊行。京都市参事会から『平安通志』編纂を依頼される。『京華要誌』編纂協力。上京。佐藤誠実の元で『古事類苑』の編纂。東京帝国大学法科大学の穂積陳重に師事。『国史大系』、『群書類従』など校訂。