皆の本棚にある広瀬 正の本

広瀬正
広瀬 正(ひろせ ただし、本名広瀬 祥吉(ひろせ しょうきち)、1924年9月30日 - 1972年3月9日)は、日本の小説家、SF作家、推理作家、ジャズ・サックス奏者、クラシックカーモデル製作者。時間をテーマにしたSF作品を多く残し、「時に憑かれた作家」とも呼ばれる。 1924年 - 東京市京橋区(現在の東京都中央区)に生まれる 1942年 - 日本大学工学部建築科に入学 1952年 - ジャズバンド「広瀬正とスカイトーンズ」を結成 1960年 - 「広瀬正とスカイトーンズ」、借金のため解散 1961年 - デビュー作『殺そうとした』が『宝石』臨時増刊号に掲載される。また同年、同人誌『宇宙塵』に参加 1965年 - 『宇宙塵』に処女長編『マイナス・ゼロ』を連載。また、パロディ創作集団「パロディ・ギャング」を水野良太郎、伊藤典夫、豊田有恒、片岡義男、小鷹信光、しとう・きねおと結成。 1970年 - 『マイナス・ゼロ』刊行、作家活動に復帰。第64回直木賞候補に推されたが落選。 1971年 - 『ツィス』、『エロス』刊行。

123

123