皆の本棚にある布施 英利の本

布施英利
布施 英利(ふせ ひでと、1960年4月2日 - )は、日本の批評家。美術、映像、建築、漫画、文芸、自然や人体に関する著作を発表している。 群馬県立高崎高等学校、東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。同大学院博士後期課程修了。大学院在学中、28歳で最初の著作『脳の中の美術館』を出版。博士論文は「人体解剖図譜の研究」。学術博士。大学院修了後は東京大学医学部解剖学教室助手として養老孟司の下で研究生活に従事。東大時代の著書『死体を探せ!』は、死体ブームの火付け役となる。著作数は約40冊。芸術と科学の交差する美術や文学の理論を研究・批評している。 1960年 - 群馬県藤岡市生まれ 1979年 - 群馬県立高崎高等学校卒業 1984年 - 東京芸術大学美術学部芸術学科卒業 1986年 - 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程芸術学専攻(美術解剖学研究分野)修了 1989年 - 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程美術専攻(芸術学研究領域)修了。