皆の本棚にある工藤 美代子の本

工藤美代子
工藤 美代子(くどう みよこ、1950年3月27日 - )は、日本のノンフィクション作家。本名は加藤 美代子(かとう みよこ)。 略歴・人物 東京都出身。父はベースボール・マガジン社および恒文社を創設した池田恒雄。母の実家は両国の工藤写真館。両親が離婚したため工藤姓を名乗る。 大妻女子高校卒業後、父の意向でチェコスロヴァキアのカレル大学に入学するが中退。1973年、バンクーバーに移住。その間、友人のスーザン・フィリップスと協力して田村俊子の伝記を執筆、『晩香坡の愛 - 田村俊子と鈴木悦』として上梓(ドメス出版、1982)。以後、ノンフィクション作家として活動するようになる。また、日本文学研究者の鶴田欣也を追ってバンクーバーに渡り、鶴田と結婚するが、のち、離婚。 1991年、『工藤写真館の昭和』で講談社ノンフィクション賞受賞。1993年、元集英社出版部長の加藤康男(元恒文社専務取締役、現ノンフィクション作家)と結婚。 当初は国外へ渡った日本女性を主題にしたものが主だったが、相撲関係、チェコスロバキア関係などを経て、父の出身地新潟の文学者、西脇順三郎、会津八一、堀口九萬一とその息子大學の評伝、またラフカディオ・ハーン評伝、皇室評伝などに至る。

123

123