皆の本棚にある川﨑 宗則の本

川﨑宗則
『川崎宗則』より : 川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)。現在はMLB・シカゴ・カブス所属。 愛称は「ムネリン」。 プロ入り前 鹿児島県姶良市出身。実家は父が開業したという電気工務店「川崎電気工事」で、自身も高校時代に電気工事士の資格を取得している。兄の影響で野球を始め、小学生から高校生まで一貫して遊撃手だった。元々右打ちだったが中学時代にイチローの影響で左打ちに変える。重富中学校を経て、鹿児島県立鹿児島工業高等学校に入学。高校時代は甲子園出場はなく、全国的には無名だったが、50m走5秒8の俊足で左打ち・安打数の多さから「サツロー(薩摩のイチロー)」と呼ばれた。 1999年のドラフト会議において、福岡ダイエーホークスから4位指名を受け、入団。背番号は52。 ダイエー・ソフトバンク時代 2000年の新人時代から二軍で遊撃手のレギュラーに定着し、ウエスタン・リーグ5位(チームトップ)の打率.300を記録。