皆の本棚にある川島 隆太の本

川島隆太
川島 隆太(かわしま りゅうた、1959年5月23日 - )は、千葉県出身の医学者。医学博士(東北大学、1989年)。東北大学加齢医学研究所教授を務めている。 実父・川島勝弘は、放射線医学の研究者で元北里大学教授、元科学技術庁放射線医学総合研究所副所長。 1978年千葉県立千葉南高等学校卒業。 1985年東北大学医学部卒業。 1989年東北大学大学院医学研究科修了(医学博士)。 1991年スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員。 1993年東北大学加齢医学研究所助手。 1998年同講師。 2001年同教授を経て、同大学未来科学技術共同研究センター教授。 2006年同大学加齢医学研究所 脳機能開発研究分野 教授に配置換。 プロフィール 医学部学生時代はラグビー部に所属していた。バイクが好きといわれている。 専門分野はヒトの脳活動の仕組みの解明、研究と応用。認知症(痴呆症またはアルツハイマー症)患者の脳機能の回復、高齢者の認知症の予防または脳機能の改善、幼少児の脳機能の発達促進を目的に、産学共同で「脳イメージング」(「脳機能イメージング」または「ブレインイメージング」)理論の研究に取り組んでいる。

12

12