皆の本棚にある島本 理生の本

島本理生
島本 理生(しまもと りお、女性、1983年5月18日 - )は、日本の小説家。 東京都板橋区生まれ。母は舞踏家・鍼灸師の長岡ゆり。高校時代に両親が離婚し、母子家庭で育つ。母子家庭の経験はのちに「リトル・バイ・リトル」に反映されている。 小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。 2001年「シルエット」が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。2003年「リトル・バイ・リトル」で第128回芥川龍之介賞候補。同年、東京都立新宿山吹高等学校を卒業し、立教大学文学部に入学(2006年に中退)、『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞を受賞。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となる。 2004年、「生まれる森」が第130回芥川龍之介賞候補となる。2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、本屋大賞で第6位、23万部を超えるベストセラーとなった。

12345678910

12345678910