皆の本棚にある岸本 忠三の本

岸本忠三
岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年(昭和14年)5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士(大阪大学)(1969年)。大阪府富田林市生まれ。文化功労者、文化勲章。2009年、日本人初となるクラフォード賞の受賞者に選出された(平野俊夫、チャールズ・ディナレロとの共同受賞)。 1939年(昭和14年)富田林市に生まれる。1964(昭和39)年大阪大学医学部卒業、第三内科(山村雄一教授)に大学院生として入局。1970年(昭和45年)から4年間米国ジョンズ・ホプキンス大学留学。帰国後、第三内科助手、昭和54年医学部病理病態学教授、1983年(昭和58年)細胞工学センター教授を経て1991(平成3)年より第三内科教授。この間一貫して免疫学の研究にとりくみ、Bリンパ球増殖、分化機構を解明し、インターロイキン6(IL-6)を発見する。その後、IL-6とその受容体、シグナル伝達、病気との関連等の一連の研究によりサイトカインに関するパラダイムを確立する。