皆の本棚にある岩政 大樹の本

岩政大樹
岩政 大樹(いわまさ だいき、1982年1月30日 - )は、山口県周防大島町出身のサッカー選手。Jリーグ・ファジアーノ岡山所属。ポジションはDF(センターバック)。元日本代表選手。 小学校2年生時にサッカーを始める。 1997年、山口県屈指の進学校である岩国高等学校(理数科)に進学。3年時に山口県選抜として国体出場。 2000年、東京学芸大学(教育学部・数学専修)に、一般受験で合格。両親が共に教員で、自身も大学入学時はプロサッカー選手ではなく教員を目指しており、在学中に中学校、高等学校の数学の教員免許を取得。この際、教育実習に赴いた高校で後に妻となる女性と知り合っている。大学蹴球部では1年時に関東大学リーグ1部の新人王に輝き頭角を現した。2年時には全日本大学選抜、3年時にはアテネオリンピック出場を目指すU-22日本代表に選出されるなど大学屈指のセンターバックとして名を馳せた。2003年5月、FC東京に特別指定選手として加入。 2004年、大学を卒業し鹿島アントラーズに入団。ナビスコカップ予選リーグ・FC東京戦でプロデビューし、シーズン後半にはレギュラーに定着。