皆の本棚にある山田 孝雄の本

山田孝雄
山田 孝雄(やまだ よしお、1873年(明治6年)5月10日(実際には1875年(明治8年)8月20日) - 1958年(昭和33年)11月20日)は、日本の国語学者。 独学の人として知られる。「契沖、真淵、宣長以来の国学の伝統に連なる最後の国学者」とも評される。 富山県富山市総曲輪(そうがわ)に山田方雄の次男として生れる。履新小学校卒業。富山県尋常中学校を中退後、独学で小、中学校教員検定試験(文検)に合格。富山県内の小学校や兵庫、奈良、高知などの中学校で教員を務める。 1907年(明治40年)文部省国語調査委員会補助委員、1920年(大正9年)日本大学講師、1921年(大正10年)日本大学文学部国語科主任、1925年(大正14年)東北帝国大学講師、1927年(昭和2年)同教授に昇格。1929年(昭和4年)には「日本文法論」によって文学博士の学位を授与される。1933年(昭和8年)に退官後、1940年(昭和15年)に神宮皇學館大學学長、1941年(昭和16年)神祇院参与、同年肇国聖蹟調査委員、1944年(昭和19年)に学術研究会会議会員、同年貴族院勅選議員に勅任、文部省国史編修官、1945年(昭和20年)7月には国史編修院長、同年愛宕神社名誉宮司となる。