皆の本棚にある山本一力の本

山本一力
山本 一力(やまもと いちりき、1948年2月18日 - )は、日本の小説家。高知県高知市生まれ。東京都立世田谷工業高等学校電子科卒業。 生家は高知市の大地主であったが没落、14歳の時に上京。通信機輸出会社、大手旅行会社(近畿日本ツーリスト)、コピーライターなど十数回の転職を経て、1997年に『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞してデビュー。2002年には『あかね空』で直木賞を受賞。他に『大川わたり』などの時代小説がある。 バブル時代、借金を億単位で抱え込み、その返済のために小説を発表した。自転車愛好家で、外出時は一家で自転車を用いる。テレビのコメンテーターの活動も行っている。 受賞歴 1997年 - 『蒼龍』で第77回オール讀物新人賞 2002年 - 『あかね空』で第126回直木賞 著書 損料屋喜八郎始末控え(2000年、文藝春秋)のち文庫 赤絵の桜 損料屋喜八郎始末控え(2005年、文藝春秋)のち文庫 あかね空(2001年、文藝春秋)のち文庫 大川わたり(2001年、祥伝社)のち文庫 はぐれ牡丹(2002年、角川春樹事務所)のち文庫 蒼龍(2002年、文藝春秋)のち文庫 家族力(エッセイ)(2002年、文藝春秋)のち文庫 深川駕篭(2002年、祥伝社)のち文庫 お神酒徳利 深川駕篭(2005年、祥伝社)のち文庫 深川黄表紙掛取り帖(2002年、講談社)のち文庫 いっぽん桜(2003年、新潮社)のち文庫 草笛の音次郎(2003年、文藝春秋)のち文庫 ワシントンハイツの旋風(2003年、講談社)のち文庫 欅しぐれ(2004年、朝日新聞社)のち文庫 梅咲きぬ(2004年、潮出版社)のち文春文庫 だいこん(2005年、光文社)のち文庫 銭売り賽蔵(2005年、集英社)のち文庫 辰巳八景(2005年、新潮社)のち文庫 峠越え(2005年、PHP研究所)のち文庫 かんじき飛脚(2005年、新潮社)のち文庫 おらんくの池(エッセイ)(2005年、文藝春秋)のち文庫 道三堀のさくら(2005年、角川書店)のち文庫 背負い富士(2006年、文藝春秋)のち文庫 牡丹酒 深川黄表紙掛取り帖2(2006年、講談社) のち文庫  まとい大名(2006年12月、毎日新聞社)のち文春文庫  東京江戸歩き(エッセイ)(2007年4月、潮出版社)  銀しゃり(2007年6月、小学館)のち文庫  江戸は心意気(エッセイ)(2007年6月、朝日新聞社)   にこにこ貧乏(エッセイ)(2007年7月、文藝春秋)   人間力を養う生き方鍵山秀三郎共著(2007年4月、致知出版社) 研ぎ師太吉(2007年12月、新潮社)   たすけ鍼(2008年1月、朝日新聞社)    くじら日和(エッセイ)(2008年2月、文藝春秋) 菜種晴れ(2008年3月、中央公論新社)   いすゞ鳴る(2008年5月、文藝春秋)   早刷り岩次郎(2008年7月、朝日新聞出版) 粗茶を一服 損料屋喜八郎始末控え(2008年10月、文藝春秋) ほうき星(2008年12月、角川書店) いかだ満月(2008年、角川春樹事務所・角川時代小説倶楽部) 人情屋横丁(エッセイ)(2008年12月、角川春樹事務所) くじら組(2009年3月、文藝春秋)   晋平の矢立(2009年4月、徳間書店)   八つ花ごよみ(2009年7月、新潮社)    いかずち切り(2009年10月、文藝春秋) まねき通り十二景(2009年12月、中央公論新社) 夢曳き船(2010年1月、徳間書店) ジョン・マン〈波濤編〉(2010年12月、講談社) ぼくらが惚れた時代小説縄田一男・児玉清共著(2011年10月、朝日新聞出版) 男の背骨(エッセイ)(2012年5月、角川春樹事務所) おたふく(2013年4月、文藝春秋) メディア出演 テレビ ウォッチ!(TBSテレビ) 不屈の者たちへ(NHK)その他 真相報道 バンキシャ!(日本テレビ放送網) にほん風景物語(BS朝日、2013年10月 - 2015年3月)- 旅人 脚注 外部リンク キャリア&転職研究室 魂の仕事人 インタビュー記事 山本一力 書くことで食うこと。