皆の本棚にある山本 博文の本

山本博文
山本 博文(やまもと ひろふみ、1957年2月13日 - )は、日本の歴史学者。東京大学大学院情報学環教授、史料編纂所教授。日本近世史専攻。 岡山県生まれ。1984年、豊臣政権において諸大名との意思伝達にあたる「取次」に注目した論文を発表。以後、「取次」概念は、その後の豊臣政権研究の不可欠な概念となる。1991年、家光政権を考察した「寛永時代」では、家光の病気の政治的影響を重視するなど、人間の体温まで感じる歴史叙述をめざした。 1992年、萩藩毛利家、江戸留守居役福間彦右衛門の活動を描いた「江戸お留守居役の日記」で、日本エッセイスト・クラブ賞受賞。その後は、精力的に江戸時代の大名や武士をめぐる著作を刊行、武士道ブームの火付け役の一人となる。「殉死の構造」や「切腹」では、武士のあり方から日本人のメンタリティーの特質を究明しようとしている。また、1995年に出版した「鎖国と海禁の時代」では、従来の「鎖国令」の定説をくつがえした。大奥女中研究では、篤姫に仕えた「つぼね」書状などを発掘し、篤姫が薩摩の赤味噌を好み、薩摩藩の奥から提供していた事実を発掘し、話題となった。

123

123