皆の本棚にある山中 伸弥の本

山中伸弥
山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、大阪府枚岡市(現・東大阪市)出身の日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、日本学士院会員。学位は博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民など。カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授。文化勲章受章者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞した。 生い立ち〜学生時代 大阪府枚岡市(現・東大阪市)出身(小学3年生まで枚岡東小学校)。小学校時代から大学1回生まで、奈良県奈良市の学園前に居住。父親は工学部を出て、ミシンを作る町工場を経営。 大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎時代、父から医師になることを勧められたものの、将来の進路に迷っていた。しかし徳田虎雄(徳洲会理事長)の著書『生命だけは平等だ』を読み、徳田の生き方に感銘を受けて医師になることを決意したという。

12

12