皆の本棚にある小田嶋隆の本

小田嶋隆
小田嶋 隆(おだじま たかし、1956年11月12日 - )は、日本のコラムニスト、テクニカルライター。 東京都北区赤羽に生まれる。東京都立小石川高校卒業(1975年)、早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業(1980年)。 大学卒業後には味の素ゼネラルフーヅに就職したが、入社翌年の1981年(昭和56年)には退職し、小学校事務員見習い、ラジオ局AD(アシスタントディレクター)、ロックバンド座付き作詞家などを経て、テクニカルライターとなった。1988年(昭和63年)、コンピュータに関連する事項を軽妙に描いたコラム集 『我が心はICにあらず』以降はコンピュータ関係にとどまらず、様々な事物を辛口に論じるコラムニストとなった。高校時代にクラスメートだったCMプランナーの岡康道は、小田嶋について「(自分は)小田嶋には敵わないから文章で食べていくのを諦めた」と語っている。 かつて月刊誌 『噂の真相』において無資本主義商品論を連載していた。1997年(平成9年)、月刊誌『諸君!』で詩人・書道家の相田みつをを「便所の神様」と批評する記事を書いたところ、書道家としての実績や兵役の有無といった来歴に事実誤認があるとして遺族から名誉毀損で訴えられた。