皆の本棚にある宮本 昌孝の本

宮本昌孝
宮本昌孝(みやもと まさたか、1955年9月11日 - )は日本の時代小説作家、SF作家。日本SF作家クラブ会員。骨太な作風でありながら、にじみでるユーモアに特徴がある。静岡県浜松市出身。 日本大学芸術学部在学中から作家を志す。1980年に卒業後、アニメ脚本家、漫画原作者などに従事し、一時期は手塚プロダクション、すがやみつる事務所に所属していた。 手塚プロでは鉄腕アトム (アニメ第2作)の文芸進行担当の助手していた。アニメ脚本としては「スプーンおばさん」「じゃりン子チエ」等にたずさわる。すがやみつる事務所ではすがやと「共同の漫画原作」(宮本がシナリオ原作を執筆し、すがやがネーム原作に仕上げる)も担当していた。 田中光二が早川書房からヒロイックファンタジーのシリーズを出すことを企画していたが自分で書く時間がとれないことから豊田有恒に相談したところ、宮本が紹介された。SFは書けないと二の足を踏んでいたが、田中にヒロイックファンタジーは架空の世界で剣と魔法が出てくる物語であり、時代劇の主人公をカタカナの名前にすれば良いとアドバイスを受け執筆した作品『失われしものタリオン1 漂流の美剣』(原作田中光二、ハヤカワ文庫JA、1987年)で本格的に作家デビューをはたす。

12

12