皆の本棚にある宮坂 宥勝の本

宮坂宥勝
宮坂 宥勝(みやさか ゆうしょう、1921年5月20日 - 2011年1月11日)は、日本の仏教学者・インド哲学研究者、名古屋大学名誉教授、真言宗智山派管長。 専門は真言密教・インド哲学。総本山智積院化主(真言宗智山派管長兼任)を務めた後は、郷里に戻り照光寺長老。 師に渡辺照宏、子に仏教学者の宮坂宥洪。密教学・空海関連を主に多数の編著・著書がある。特に『弘法大師空海全集』(全8巻、筑摩書房)では監修者を務めた。 初期はダルマキルティー・ニヤーヤなど仏教論理学の研究を行い、「インド仏教の認識論」により文学博士(東北大学)。 1921年、長野県岡谷市生まれ。 長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒業 旧制智山専門学校(現大正大学)卒業 1948年、東北大学文学部印度哲学科卒業 1950年、東北大学大学院修了 1954年、高野山大学助教授 1958年、第1回日本印度学仏教学会賞を受賞 1965年、高野山大学教授 1976年、密教学芸賞受賞 1977年、名古屋大学教授 1985年、名古屋大学名誉教授 1987年、智山伝法院院長 1996年、勲四等瑞宝章 1999年-2007年、真言宗智山派管長・総本山智積院化主 2001年、種智院大学学術顧問 2005年、後七日御修法大阿、真言宗長者 岡谷市照光寺長老 2011年1月11日、肺炎のため長野県岡谷市の病院で遷化。