皆の本棚にある宮下 英樹の本

宮下英樹
宮下 英樹(みやした ひでき)は、日本の漫画家。石川県七尾市石崎町出身。石川県立七尾高等学校卒業、富山大学工学部途中退学。 富山大学在学中よりコミック誌への投稿を始め、途中で編集者から少年誌から青年誌への投稿を勧められる。月刊ヤングサンデーなど幾つかの雑誌での入賞を経て、出版社より漫画アシスタントの仕事を紹介されたのを機に上京。竹下けんじろうの元でアシスタント業を行いながら投稿を続け、2001年5月に「第44回ちばてつや賞大賞」を受賞する。2001年、『週刊ヤングマガジン』(講談社)に掲載の「春の手紙」でデビュー。続いて2002年から相撲をテーマにした「ヤマト猛る!」を連載するも、インタビューによれば期待していた程にはヒットしなかったという。 その後、担当編集者と戦国時代について意気投合した事がきっかけとなって、「徹底してリアルに戦国時代を描写した作品」を製作する事を決意する。2004年、『週刊ヤングマガジン』に秀吉の旗本出身で、出石藩の藩祖である仙石権兵衛秀久を主役に据えた「センゴク」の連載を開始した。

12345678

12345678