皆の本棚にある安藤 寿康の本

安藤寿康
安藤 寿康(あんどう じゅこう、1958年 - )は、日本の心理学者、慶應義塾大学教授。 東京都生まれ。1981年慶應義塾大学文学部卒業、1986年同大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。1992年慶大文学部専任講師、1993年助教授、2001年教授。1997年「遺伝と教育 -人間行動遺伝学的アプローチ」で慶大教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学。特に認知能力とパーソナリティの発達に及ぼす遺伝と環境(主に教育環境)の影響に関して、双生児法による研究を行っている。 著書 『遺伝と教育 人間行動遺伝学的アプローチ』風間書房 1999 『心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観』講談社ブルーバックス 2000 『遺伝マインド 遺伝子が織り成す行動と文化』有斐閣 2011 『遺伝子の不都合な真実 すべての能力は遺伝である』2012 ちくま新書 共編著 『ふたごの研究 これまでとこれから』詫摩武俊、天羽幸子共著 ブレーン出版 2001 『事例に学ぶ心理学者のための研究倫理』安藤典明共編 ナカニシヤ出版 2005 『パーソナリティ心理学 人間科学、自然科学、社会科学のクロスロード』榎本博明、堀毛一也共著 2009 有斐閣アルマ 『乳幼児のための脳科学 DVDブック子どもたちは未来 別巻』小泉英明編著 多賀厳太郎、安梅勅江共著 フリーダム 2010 『発達科学入門』1-3 高橋惠子、湯川良三、秋山弘子共編 東京大学出版会 2012 翻訳 R.プロミン『遺伝と環境 人間行動遺伝学入門』大木秀一共訳 培風館 1994 ケリー・L.ジャン『精神疾患の行動遺伝学 何が遺伝するのか』大野裕監訳 佐々木掌子、敷島千鶴、中嶋良子共訳 有斐閣 2007 マイケル・ラター『遺伝子は行動をいかに語るか』培風館 2009 参考 [1] J-GLOBAL:[2]。